05
2013

文学フリマに行ってきました。

CATEGORY創作状況
文学フリマに行ってきました。
http://bunfree.net/

文学フリマとは、文学のオンリーイベントです。
いままで二次創作のイベントやオリジナル創作のコミティアなどには行っていましたが、
文学オンリーのイベントは初です。

文章だけのイベントとはどんなものか大変興味がありました。
表紙などはイラストだったりしますが、中身は全部文字!
どうやって売り手は買い手を呼ぶのかという点がすっごく興味深々!!

小説なんて、立ち読みじゃ良さが分からないですよ!
ほたは書店で小説を買う場合、80%ジャケ買いです。
装丁の美しさ、可愛さ、奇抜さに手が伸びる派です。
そして、残り10%は書店のポップ。
残り10%は続き物。前の巻が好きだったもの。
つまりは、見た目!
導入は、ビジュアル前情報なんですよね!

そういった前情報のテクニックを勉強する目的で
文学フリマに潜入!!!

いろんなジャンルの本がありました。
ちなみに、入場は無料!そしてカタログは無料!サイトにはWEBカタログまであり!
なんて至れりつくせり!
しかも、見本誌コーナーなるものもあります。
見本誌コーナーは、がっつり小説を読みたい人に良いです!

ほたが興味があったのはファンタジー系スペースです。
可愛い表紙や、デザイン性の表紙など沢山置かれてしました。
全部、小説なので読んでみないと分かりませんが、多くのサークルさんが作品をWEBで公開しています。
気になったサークルさんをメモして、WEBで作品を読んでみて、当日イベントで本を買うというのが
流れなのでしょうか。
ふむふむ。
最初にWEBなどで公開というのが、手段ですね。
勉強になります。

一度、自分でも参加してみたいイベントでした。
しかし、次回文学フリマはコミティアの日付にかぶってる~~~。
やっぱりコミティア優先かな。
残念だわ。


まあ、普段行かないであろうイベントに行ったのには、
少々個人的事情というか野望がありまして……
最近、やーーーっと重い腰を上げたほたは、
長年書こう書こうと思っていた小説を書き始めました。
なんとか悪戦苦闘しながらも、作品はできました。

しかし!

作品ができたが
創作世界に戻ってきたのは、○年ぶり。
一度は足を洗おうと思いさえしました。
そのため、自分の周りを見回せば
身内のサークルメンバー以外交流がない
という酷い有様……

交流がある方も、サークルメンバーが間に入っていたりと……
お前この年で見知りかよ!と言いたい事態です。

これはいかん。

そう!
最初は作品を作るのに夢中でしたが、作品を作ってそれで終わりではつまらない。
イベントに参加するだけではなく。
交流とか、少数でも本が売れたりとか、そういうサークル活動的やっているな的な
なにがしかをやりたいんですよ、わたしはぁ!

ということで、文学フリマで学んだことを
さっそく実践!ます次回イベントまでに作品アップからですね!
次回作を作りながらなので、スケジュール的にハードですが、やるぞ!!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment