--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02
2017

二枚の結婚写真について

CATEGORYつぶやき

こんにちは、ほたです。

執筆の気分転換にブログを書いております。

短編のゴールが見えてきたのですが、毎度おなじみ起承転結の転が書けない病にかかっております。

たぶん転の思い入れが強すぎたりするとこうなるんですよね。

こういうときは結を書いてしまうのです。このブログが書き終わったら結を書き始めようと思います。

 

さて今日のブログの話題は、短編小説「二枚の結婚写真」についてです。

こちらのお話、小説家になろうさんには公開しております。自サイトではまだです。

http://ncode.syosetu.com/n5690dt/

 

この小説は普段書いているファンタジーとは違います。

当初この話についてはあまり語る予定はなかったのですが、実生活で度々面白いことがあり、本人が語ってほしいのかなと思うようになりました。

本人とは?

この小説の主人公「千恵子」は、ほたの祖母がモデルなんです。2015年12月に他界しました。

いつか祖母をモデルにしたお話を書こうと思っておりました。

内容は、ほぼ実話です。本人や親族に聞いた話から構成されています。

お話の中に登場する人は、全て実在しております。

子供の頃何度も聞かされた話は、意外と覚えているものですね。

東京大空襲のこと、電車のこと、油を交換したこと、他にもたくさんあったのですが、

全てを1つの物語に入れ込むことは出来ませんでした。

そして1つだけ残念なのがラストのシーン、これは祖母の口から直接聞くことは出来ませんでした。

家族でもずっと存在を知らかった祖母の日記帳。

こうだったのではないかと想像が含まれています。

そのためノンフィクションとして出せないのです。

内容ももう少し寝かせたかったんですが、何しろ時間がなかった。

書くきっかっけは祖母の訃報でした。

テキレボ3の翌日、祖母の調子がおかしいと連絡があり、これはとうとうこの話を書かないといけないかなと

プロットを組み始めました。しかしその後祖母は持ち直したので、ほたは本文を書くのをやめてしまいました。

亡くなったという連絡は本当に突然で、近くにいた家族もびっくりするほどでした。

さっきまで自分でトイレに行っていたのに、昼寝から目覚めずに逝ってしまったそうです。なんて幸せな最期。

そのためこの本文は、亡くなったその日の夕方から書きはじめ(スマホのメモ帳で)一晩で書き終えました。

次の日は加筆修正して、文庫と同じデザインの表紙を作りました。

印刷屋さんに出している暇はなかったので、自家印刷。

葬儀まで中2日で全て完成させるという荒業をやり終え、葬儀当日納棺の儀に間に合わせました。

 

さて、ブログはじめに書いていた面白いことなんですが、いくつかあります。

 

1つ目は、50日(うちは神道なので49日ではなく50日なんです)少し前だったか、

百日祭前だったから覚えていないんですが、 祖母が夢に出て来たんです。

今まで祖母が夢に出て来たことなどありませんでした。

私が1番よく知っている生前の祖母の姿で夢枕に出てきました。

着物を着ていて、いつも持っていた財布が入っているお買いものバック(いまでいうエコバックみたいなの)から

私が作った自家印刷本を出してくるんですよ。

祖母「これからね、あなたが書いてくれた手紙を読むのよ」と言われました。

確かに祖母のお棺に入れた本には、あとがきの変わりに祖母への手紙をつけました。

その事を言われているのだとすぐピンときました。

私「まって、印刷屋さんに出した綺麗な本があるからこっちあげるよ」

しかし

祖母「こっちでいいのよ!(語気強めに)」

と言い残し私が段ボールから本を探している隙に祖母は去ってゆきました。

えーー、受け取ってくれないの!?ばーちゃん!と思って目が覚めました。

あの口調、祖母ならありあえる。

それを親戚に話したところ「おばさんらしい!それ絶対夢枕立たれたね」と全員一致の感想でした。

やっぱり。

 

2つ目

その数か月後、初版が意外と好評ではけてしまい再販をすることに。

この本の再販が印刷所(ちょこっとさん)から届きました。

10日営業日でお願いしましたが、ちょこっとさんお暇な時期だったのか

予定より3日も早く届けていただきました。

さっそく段ボールを開封して在庫管理のため、メモ帳に届いた日付を書いていて気づきました。

なんと今日は祖母の誕生日じゃないですか!

偶然なんですが、なんかすごくアピールされた気がします。

あの世から感想が届いた気がしました。ご感想ありがとうざいます。

 

この本にかかわると、不思議なことが起こるんです。

この本はイベントに出続ける限り、刷り続けようと思っております。

nimaino.jpg

『二枚の結婚写真』文庫 / 29p / 100円
2016/01/18(月)発行


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。